MENU

39歳 長時間歩き過ぎた翌日から翌々日にかけて痛い

歳とともに、関節の間のクッション材の役割をするものが減少して、関節同士がこすれて痛くなると聞いたことがあります。

 

たしかに、自分でも、歳をとるごとに、ちょっとした変な動きによって膝が「あっ痛い!」ってなる時があります。

 

これは、そのクッション材が減ってしまっているのかな?と思わされます。

 

グルコサミンを摂取することで、そのクッション材の減少を抑えたり、新しい軟骨を作り出してくれると聞いたことがあります。

 

また、関節の間にあるクッションは、減少していくことがあっても、体内で新たに作られることのない成分なので、年齢を重ねるごとにグルコサミンは摂取しなければいけないのかなと思います。

 

関節痛などを放っておくと、サプリなどのケアでは、とうてい間に合わなくなり膝に直接ヒアルロン酸を注入したりと、痛みも伴い、お金もかかります。

 

そうならないためにも、グルコサミンのサプリなどは、「あれ?膝がちょっと、腰がちょっと?」という時点で飲んでおくべきなのかなとも思います。

 

また、お医者さんが関節痛などの飲み薬として処方する薬の成分で最も効果的なのがグルコサミンであるという事も聞いたことがありますので、やはり関節痛を感じた時は、早めに始めるべきだと思います。

 

マイケア イタドリ

 

小林製薬 グルコサミン

 

カネカ還元型

 

 

更新履歴